すまいる舎
すまいる舎

見落としがちな損害保険

<実はとても重要な保険です>

損害保険といって皆さんが思い浮かべるのは「火災保険」「自動車保険」でしょうか。
生命保険に比べてなじみが薄いかもしれませんが、実はとても重要な保険です。

損害保険は大きく分けて3つの種類があります。

 モノの保険   ヒトの保険  賠償の保険


「モノの保険」というのは文字通りモノにかける保険。破損した時にそれを買い換えるお金を補償してくれるのがこの保険です。
家の破損は「火災保険」、自動車の破損は「自動車保険」。わかりやすいですね。


「ヒトの保険」はケガをした時にその治療費をもらうための保険です。傷害保険といいます。これは病気は対象になりません。


一番見落としがちなのが3番目の「賠償の保険」です。第三者の身体や財物に損害を与えてしまった場合に賠償金を支払わなくてはいけません。
それを補償するのが賠償保険ですが、ここを侮るとエライ目にあいます。

<必ず一家にひとつ「個人賠償保険」>

自動車に乗っていて人を傷つけてしまった場合は自動車保険の「対人賠償」で補償します。
では、自転車に乗っていたら?
スノーボードなどのスポーツ中に人を傷つけてしまったら?
子どもが遊んでいる最中によその子に大怪我をさせてしまったら?
これらの賠償金は預貯金で賄えない大きな金額になることも多々あります。

そんな時の補償が「個人賠償保険」です。

この保険は今は単独で加入することができないので、自動車保険・火災保険・傷害保険に「個人賠償特約」最高1億円補償をつける必要があります。月々100円くらいです。
1世帯にひとつあればOKです。

自分の家に契約があるかどうか、必ずチェックをしてくださいね。

<今の火災保険はとても便利>

台風や豪雨などの自然災害が多くなり、火災保険の支払いが大変多くなっています。
今の火災保険は「不測かつ突発的に修理が必要になったら」使えるものが多くなりました。
補償内容もとても良くなっています。
家の中のものは家財の火災保険、建物や門塀などは建物の火災保険から支払われます。
いざという時に役にたつのが保険です。

東日本大震災の時は弊社のお客様のところでも、壁にひびが入ったり、家の中のものが壊れたりしましたが、皆さんに火災保険を活用していただきお役に立てて良かったと思いました。

「適正な補償額」で「新しい保険」できちんと火災保険をかけることは、大事なリスク管理です。古い保険のままで契約している人は一度確認してみることをおすすめします。
いつでも気軽にご相談ください。



すまいる舎